U-CHOICE GROUP 86-371-61299996
CPPU Forchlorfenuron Synthetic Plant Growth Regulators White Crystal Powder

CPPU クロロピルの総合的な植物成長の調整装置の白い水晶粉

  • ハイライト

    植物成長およびホルモン

    ,

    総合的な植物ホルモン

  • 外観
    水晶
  • 純度
    分 99%
  • M.F
    C12H10ClN3O
  • CAS番号
    68157-60-8
  • 製造業者か貿易業者
    メーカー
  • 起源の場所
    河南省、中国
  • ブランド名
    U-CHOICE
  • 証明
    ISO 9001 : 2008
  • モデル番号
    技術的な等級
  • 最小注文数量
    25kg (サンプルは提供することができます)
  • 価格
    Negotiate
  • パッケージの詳細
    1 kg/bag *ドラム25キログラムの;25キログラム/ドラム
  • 受渡し時間
    1-14仕事日
  • 支払条件
    トン/ Tは、ウェスタンユニオン
  • 供給の能力
    1ヶ月あたりの3000キログラム

CPPU クロロピルの総合的な植物成長の調整装置の白い水晶粉

CPPU クロロピル 99%TC CAS第68157-60-8水晶

 

他の名前: 
N- (2-chloropyridin-4-yl) - N'-phenylurea
KT-30
N- (2 chloro4 pyridinyl) - N'-phenylurea
4pu30
CN-11-3183
CPPU
1 (2 Chloro4 Pyridyl) - 3-Phenylurea
4-CPPU

体質性の方式:CH3 (CH2) 4COOCH2CH2N (C2H5) 2
分子方式:C12H10ClN3O

 
技術仕様 

技術的な項目 技術的なデータ

密度

1.3±0.1 g/cm3

沸点

760のmmHgの426.5±55.0 °C

融点

170-172℃

分子方式

C12H10ClN3O

分子量

247.680

引点火

211.7±31.5℃

厳密な固まり

247.051239

PSA

54.02000

LogP

3.83

出現

白いですかオフホワイトの水晶

蒸気圧

25℃の0.0±1.1 mmHg

R.i.

1.629

 

 

適用:
葉、茎、子葉および発芽させた種によって吸収される。

クロロピル (KT-30、CPPU)は細胞分裂、微分および開発を促進します;カルスの発芽、および制御頂点の優勢を引き起こします;側面芽の休眠状態を壊し、発生を促進します;プロセスを老化させる遅れは消費税を課された葉のクロロフィルを維持し、;栄養素の輸送を調整します;フルーツの形成、等を促進します。

 

機能:
クロロピル (KT-30、CPPU)は側面促進によってかなり細胞分裂およびフルーツの拡大および器官の縦成長を刺激できます。
クロロフィル統合を高め、光合性率を上げ、そして緑を保ち、老衰を遅らせるために葉を助けて下さい。
頂点の優勢を壊して下さい、側面芽の発生を促進して下さい、芽微分を刺激して下さい、それによりフルーツの収穫を増加する花粉の豊饒を、改善して下さい。
粉砕するPrevent蛋白質の統合を、等高めます砂糖の内容を促進し、従ってフルーツ質を改善し、プロダクト価値を増加して下さい。


Usesage:

キーウィフルーツ、テーブル ブドウおよびモモのサイズを増加するのに使用される;メロン、カボチャおよびきゅうりで置かれるフルーツを促進して下さい;りんごで分岐することを促進して下さい;そしてポテト、米およびムギの増加の収穫。

クロロピル (KT-30、CPPU)は植物成長のregulatoes、それとしてです一種の細胞分裂常に使用されます。その機能および使用法は点検しているようにあなたのために次あります。


1. クロロピル (KT-30、CPPU)はフルーツを拡大できフルーツ質、そしてそれをまた改善し:
キーウィフルーツ:花下る20-25daysの後で、若いフルーツ、それを浸すのに5-20ppm KT-30の液体をruitsのサイズを明らかに拡大できます使用します;
ブドウ:落ちる花10-15日の後で若いフルーツを浸すのに5-15ppm KT-30の液体を使用しますブドウのサイズを拡大できブドウの乾物の内容を高めます;
モモ:花下る30daysの後で、若いフルーツ、それを浸すのに10-20ppm KT-30の液体をフルーツのサイズを拡大し、モモ色を改善し、質を改善できます使用します。


2. クロロピル (KT-30、CPPU)はフルーツ設定の比率を高め、出力を高めることができます。
キーウィフルーツ:花下る20-25daysの後で、若いフルーツ、それを浸すのに5-20ppm KT-30の液体を単一フルーツの重量、増加の出力を増加できます使用します;
オレンジ:の後でとfolowers下る25-35days落ちる花3-7日5-20ppm KT-30の液体を若いフルーツを浸すのに使用するために止めて下さい、フルーツの設定の比率およびaoive生理学的なフルーツ低下を高めることができます。
ナシ:花の花の期間では、1-5 PPMのスプレーを使用するために、それはフルーツの設定を高め、質を改善し、出力を高めることができます。

多くのために、きゅうり、りんご、米、ピーナツ、豆等でまたクロロピル (KT-30、CPPU)がサイズを拡大し、出力を高めるのに、置くフルーツを主に使用されるのに使用する増加しことができます。
あなたのための情報の上で参照して下さい。そして市場で促進する前に、plsはそれを最初にテストします。

 



パッケージ:

1つのkg/袋、ペーパー ドラムごとの25kgs; 

25kgs/ペーパー ドラム

 
私達に今日喜びます連絡して下さい!